【今三国志S4】シーズン4最強編成紹介

今三国志
スポンサーリンク

シーズン4終盤となり、対人戦のデータが取れてきたのでおすすめ編成をご紹介!

毒士

郭嘉の沈黙、荀彧の開始からの脱力で牽制し、高火力の毒で相手を倒す部隊です。

土地攻略でも対人でも高いポテンシャルを持った素晴らしい部隊です。

連撃桃園

連撃型にすることにより沈黙されても安定した戦闘が可能となりました。

劉備を主将にすることにより荀彧の脱力効果を無駄にさせる事が出来るのも大きな魅力です。

張寧隊

S4から登場した張寧部隊は安定した火力と回復力で対人戦も大活躍でした。

軸となる武将は張角と張寧の2武将なので、3武将目は木鹿以外にも高覧、司馬徽を採用した形もありました。

呉美女

圧倒的防御力を誇る美女は、知力連撃型が人気でした。

主動型は大喬や郭嘉が苦手なので、来期も連撃型の呉美女が流行りそうです。

馬騰隊

苦手な部隊は増えましたが、有利な部隊にはとことん強いので今期も馬騰隊は活躍しました。

新武将の呂姫採用型もありましたが、結局呂布の安定感には一歩及ばずでした。

木鹿採用型も有り。

三孫

孫堅の優秀なバフと孫策の40%貫通効果で今期も安定した編成でした。

孫策に捷足先登(張燕)を採用した型も人気でした。

東呉都督

博聞範策(司馬徽)で優秀な武技を連発出来るようになった都督は、圧倒的な火力で敵を焼き払えるようになりました。

呂蒙の固有武技も指揮武技に変更となった為、安定した戦闘が可能となりました。

八門于禁

圧倒的な必中単体火力で対人戦で猛威を奮った部隊はS4でも安定した戦績を残しました。

八門金鎖(曹仁)はとても強力な武技なので、対策は今後も必須だと思われます。

沖陣太史慈

沖陣絶埃(馬騰)の範囲攻撃で太史慈の武装解除を敵に与えるこの部隊は、連撃部隊キラーとして活躍しました。

入手がしづらい武技なので使用しているプレイヤーが少ないですが、S5では限定ガチャが引けるのでこの部隊はもっと増えるかもしれません。

夏候惇簡雍

土地攻略では抜群の性能でしたが、対人戦では沈黙や脱力に大いに苦しみました。

沈黙不言(華佗)を夏侯淵に採用した編成もありましたが、火力が下がると戦闘時間が伸びて兵損が増えるというジレンマ。

馬騰隊のように相性の良い部隊に圧勝出来る部隊なので、来期も使われそうです。

夏侯淵と簡雍が軸なので、張遼以外に孫権、董卓が採用された形もありました。

祝融鍾会

祝融の能力をコピーして高火力をたたき出すこの部隊もS3に続き人気部隊でした。

木鹿採用で中盤の火力もさらにUP。来期でも人気の編成となりそうです。

回避関銀

馬騰隊には有利ですが、張遼や沈黙が苦手な部隊でした。

それ以外には回避とガードで安定した戦績を残せた部隊です。

まとめ

シーズン4は様々な部隊が入り混じった割とバランスが取れた環境でした。

その中で頭一つ抜けているのは毒士、連撃桃園かなと思います。

武将単体としては荀彧、孫権、劉備が特に強い印象でした。

ここに掲載したデータはS4-003サーバーの情報です。ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました