【今三国志S5】シーズン5最強編成紹介

今三国志
スポンサーリンク

毎シーズン恒例の最強編成紹介です。

シーズン5は沢山対戦出来たので良いデータが沢山取れました!

まずは新武将で構成された部隊からご紹介。

SP趙雲

S3から猛威を奮っている関銀屏編成のアタッカーが張飛からSP趙雲に変わり、さらに安定感が増す編成となりました。

SP趙雲の持参武技は主将を必ず狙うので、張飛の時よりも勝率がかなり上がりました。

徐盛

徐盛はあまり採用率が高くはありませんでしたが、実際に戦ってみると様々な牽制効果やデバフを引き受けてくれるので、思ったより厄介な武将でした。

ただし壁役としての硬さがイマイチなので先に死亡してしまう事も多々あります。

張春華

採用率は低めでした。

持参武技の離反付与は、全ての主動連撃武技をキーとして離反を付与するのでとても強力ですが、離反状態の敵が必ず同士討ちをするわけではないのがイマイチでした。

簡雍部隊や短期決戦型の武力系部隊を相手にした時に、離反で同士討ちが成功するとかなり気持ちの良い勝ち方が出来ますが、敵にダメージがいかないと負けてしまいます。

戦場で見かけた部隊で印象が強かったのは、貂蝉歩練師張春華の群雄武力系部隊対策編成でした。

知力と攻速の伸び率がとても良いので新しい軸の編成に期待です。

司馬昭

こちらも戦場ではほぼ見ない武将でした。

主動武技がキーとなる武将なので、司馬懿との組み合わせが相性良さそうです。

交換武技の採用率もそれなりにありましたが、簡雍部隊対策なら木鹿の交換武技のほうが効果的なので器用貧乏な印象でした。

SP張飛

味方武将を全員沈黙する割にリターンが少ないということで部隊編成の幅もかなり狭いSP張飛部隊もあまり戦場にはいませんでした。

現時点での理想編成は画像のSP張飛馬超劉備かなと思います。

アプデで馬超が強化されているので火力は申し分ないです。

先行している中国版では、アプデで味方全員沈黙が無くなったとの情報も入っていますので使いたい人はまだ武技に交換しなくても良いかもしれません。

ちなみに交換武技はどの連撃部隊でも使える非常に優秀な武技でした。

張仲景

戦場で一度だけ使っている人を見ました。

回復妨害が多い環境なので採用率はほぼ0に近い状態でした。

回復だけが取り柄のおじいちゃんには厳しい時代です。

三孫尚香

S5で中心となった部隊はやはりこれではないでしょうか。

アップデートで強力なバフを撒けるようになった孫尚香と孫堅を使った先制攻撃部隊です。

使用武技の入手も安易で、この部隊を対策出来ないなら同じ部隊を作るのがおすすめな部隊です。

簡雍隊

今期も簡雍隊は安定した戦績を残しました。

木鹿交換武技で簡単に対策される部隊ですが、戦う相手を丁寧に選べば第一線で活躍出来る部隊です。
土地占拠の兵損も少ないのもかなりの魅力です。S6でも大活躍してくれる部隊でしょう。

張角隊

スタダの定番となった張角隊は対人戦でも大活躍でした。

特に司馬徽型が主動系にとても強力なので採用率がとても高かったです。部隊コストも22なので1部隊目におすすめの部隊です。

アップデートで強化された左慈型はほぼ見ませんでしたがこれも強そうです。今後に期待。

毒士

こちらも張角隊と並んで1部隊目におすすめの部隊です。

沈黙、回避、スタンで妨害をしつつ高火力知力アタッカー賈詡で敵を殲滅する強力な部隊です。

S5では諸葛亮に偃月陣を持たせたい人が多く偃月陣がない毒士を多く見かけました。

S4より勝率は落ちている印象ですが、まだまだ戦場では強力な部隊です。

捷足三孫

孫権を持っているなら何も考えずに作っていいレベルの強力な部隊です。

孫堅が強化されたので安定感抜群です。

連撃陸抗

主動は大喬、連撃は沖陣太史慈でどちらのタイプの部隊にも対応が出来る部隊です。

武技の入手難易度が高いだけあってどんな部隊にも対応できる強力な部隊です。
小喬型も有り。

霊帝

S4では見かけなかった霊帝がS5では活躍していました。

高順交換武技を採用した孟優型の火力がとんでもないことになっています。

まとめ

S5は三孫尚香が猛威を奮う環境でした。

対策としては消散、沈黙が有効です。

次のアップデートでは新武将が10名も追加されるので環境が大きく変わるかもしれません。来期も楽しみですね><

コメント

タイトルとURLをコピーしました