【今三国志】2022年3月23日武技調整アップデート

今三国志
スポンサーリンク

今回は9武将の持参武技が上方修正されました。

前回大幅強化された3孫のように、環境を変えるほどの編成が生まれるか非常に楽しみです。

曹操

今までは半々の確率で沈黙か武装解除を付与していたため安定感がありませんでしたが、アプデにより既にどちらかのけん制効果を付与しておけば別のけん制効果を付与できるようになりました。

沈黙、武装解除を付与出来る武技を組み込むことで主導型、連撃型どちらにも対応が出来る強力な武技に生まれ変わりました。

郭嘉、曹植のような武将と組み合わせればとても楽しそうです。

程昱

程昱ってどんな武将だったっけ・・・?と忘れてしまうくらい戦場に全くいないS2限定武将程昱。

いままでは50%で味方のバフ消散不可&味方が敵に与えたデバフを浄化不可でしたが、さらに50%で牽制効果も無効になります。

バフと牽制効果について以前連盟内で質問がありましたが、バフデバフは攻撃力アップや防御力ダウン、牽制効果は沈黙、脱力、武装解除などの事を言います。

現在の環境では10秒毎にスタンが飛び交う環境なのでそれなりに効果はありそうです。

鄧艾

程昱の交換武技をセットした鄧艾が流行ってた時代がありましたが、復権の兆しです。

2回目以降も35%でスタン付与!

確率はちょっと低めですが十分魅力的です。

盧植

S2限定武将魯粛も強化が入ります。

前回の調整では盾陣効果に持続ダメージ無効が追加されましたが、さらに知力依存の回復を全体にまけるようになりました。

孫尚香の精確に対しての対抗だと思いますが、盧植の採用率の低さは9コストが原因な気がしてなりません。

華佗

ついに対象が全員になりました。

これで偃月陣をつけて回避しながら浄化と回復が出来る壁役が出来るようになりましたが、か弱いおじいちゃんの防御力では馬に跨った武将達に対抗するのは大変かもしれません。

張仲景

つよい

SP張飛

全員強制沈黙が削除されました。編成の幅がとても広がりますね。

趙雲

弓兵に対しての火力2倍は魅力的ですが、連撃部隊は目の前の敵から素早く仕留めていきたいので賛否両論な調整です。

周瑜

無属性から火属性になりました。天気が風なら火力アップですが、雨の時は火力ダウンです。

都督はさらに天気の影響を強く受けることになりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました