【今三国志】S7プレイレポート15日目

今三国志
スポンサーリンク

今回は雨がテーマとなるシナリオ樊城の戦いをプレイしています。

新しい仕様に振り回されながら内政と戦争を楽しんでいます。

P019-Floodingの紹介

今回もマッチングは3連盟で振り分けられました。

三国志は外交や立ち回りが面倒で嫌だなーと思っていたのですが、対戦相手がGlobal連盟最強と噂の止戈為武(しかいぶ)さんでした。

王者天下さんもS6では洛陽を取っている連盟なので豪華なマッチングとなりました。(連盟名以下敬称略)

今回も強敵だなーと思っていたのですが、今回のシナリオ樊城の戦いは出生州が劉備、関羽、曹操、曹仁の4種類しかありません。

しかも劉備&関羽、曹操&曹仁は同陣営扱いとなり、同陣営同士では戦功を得られないという半強制的に味方を選ばないといけない仕様でした。

マッチング完了後の専用チャットではすぐに止戈為武(劉備)、王者天下(曹操)を選びたいと宣言していて関羽か曹仁を選ばないといけない状態に・・・

止戈為武からはマッチング前に一緒のサーバーになったら組もうと声をかけてもらっていたのですが、組むと明らかに戦力差が大きすぎます。

すぐに終戦してしまってはつまらないという事で殲は曹仁を選択しました。(曹操が好きなので王者天下に曹操うちに使わせてって言ったけどダメでした><)

戦況

結果的に曹仁を選択したのは大正解。2対1なのに良い勝負になっています。

現在も世界の半分は止戈為武です。

15日目の現在も樊城付近で戦争をしています。

今回はおそらく60日くらいで終了だと思いますが、すでに最終決戦を迎えているような状態です。

樊城の戦い(ルール)について

結論から言うと今回はS6(治乱興亡白熱戦)より面白いです。

資源生産量が元に戻って内政は大変ですが、関所は従来通り順次アンロックされていくので計画を立てやすく落ち着いて内政も整えることが出来ます。

6日目に資源州関所がアンロックして序盤から戦争を楽しめます。

劉備VS曹仁 関羽VS曹操

資源州の中央の州府が交戦ポイントとなります。

13日目からは荊州関所がアンロック、最後に荊州北と南の関所がアンロックという流れになります。

雨についてはここが最も重要なポイントとなります。

今回から土地情報に地勢というものが追加されています。

土地Lv1は平地、土地Lv2~10は高地になっています。

雨の天気が続くとマップが水びたしになります。

その状態で部隊を出しておくと補給が減っていきます。通常であれば補給値は待機していれば回復していく仕様ですが、今回は水浸しのマップに部隊を置いておくと補給が減ります。

高地にいれば補給の減り方は少しはマシですがそれでも補給は減り続けるので天気の確認は重要です。

都市攻城でメンバーが集まっている時に連続で雨が降り続けると、いざ攻城開始のタイミングには部隊の補給が0というリスクがあります。というかそれで攻城延期することになりました(笑)

対策は砦に部隊を動員です。その場合は補給100を維持し続ける事が可能です。

もう一つ樊城の戦いで気を付けることは出生州選びです。

各出生州で2種類の特性が得られますが、圧倒的に有利なのはおそらく劉備です。

今三国志は初日の保護期間でどれだけ内政が進むかで、中盤後半の差が大きく広がります。

内政が早く整えば整うほど戦争も有利になります。

劉備だけ唯一内政を有利に進めることが出来る特性があるので、選べるならば劉備を選ぶのがおすすめです。

次に強いのはおそらく関羽。武将の体力上限UPと対人戦勝利で予備役を得ることが出来ます。

予備役は間接的な資源みたいなものです。

3番目におすすめなのは曹操。

徴兵時間短縮は魅力的ですが、常時徴兵できるまでには開始から内政が整う2週間目以降なので劉備に後れを取ることは間違いないです。

最後は曹仁。組む相手が曹操を選んでいるなら仕方なく選ぶって感じです。

二つ目の戦闘時の特性はおまけ程度の効果なので気にしなくて良いと思います。

初心者期間ルールの変更内容について

公式ディスコードでも話題になっていましたが、今回から体力消費15→8が撤廃されました。

19サーバーももちろん適応されましたが、他のサーバーは設定ミスで消費体力8だったそうです(笑)

19サーバー内で格差が生まれなかったのは不幸中の幸いでしたが、体力消費15になったおかげでスタートダッシュは計画を綿密に立てる必要が出てきました。

今までは1部隊作って土地を19個取得出来たので事前に作る部隊は3部隊くらい考えておけば良かったのですが、これにより最低5部隊考える必要があります。

一番初めの主公府Lv2(17c)で最低土地Lv3を取る部隊。(いけるなら土地Lv4から)

18~20cに上げていく途中で使う部隊を決めておくことが重要です。

以前であれば張飛荀彧主公(20c)や張角張寧主公(20c)土地Lv5をバンバンとってレベリングが出来ましたが、体力がすぐ無くなるので育成がかなり遅れます。

出来るだけ必要コストに達するまでは主力部隊の武将を温存して主公府のレベルを上げいく立ち回りが必要となります。

この仕様変更に関しては運営からもコメントが出ていますが序盤の手間を減らすためとの事です。

実際のところ24時間の保護期間はほぼ寝ないでプレイされているプレイヤーも多いので、体力が尽きたら休憩出来るようになるのは良いと思います。

その代わり交代する部隊を事前に多めに考える必要と、手持ち武将の少ない無課金微課金には厳しい環境かもしれません。

あと経験値が得られにくい環境になるので武将経験値パックを買うか買わないかでさらに差が出ます。

体力消費15は賛否両論ありそうですが、その代わりに嬉しい追加要素がありました。

武将を分解するとスキル点数が1.5倍貰えるようになりました!これは超嬉しい!

前シーズンで星3武将をチマチマ重ねて来シーズンに備えますが、これで得られる武技ポイントが1.5倍になりました。

初心者期間中に得られる銅貨も間接的に1.5倍になったようなものです。

実際にプレイしてみて、これはとてもスタートダッシュが快適になる良い追加要素だと感じました。

最後に

これからは体力消費15になると公式回答がありました。

新しい仕様に慣れるのは大変ですが、運営はゲームバランスなども考えて仕様を変えたと私は思っています。

1プレイヤーとして示されたゲームのルールに適応しながら楽しんでいこうと思います。

新しい編成や環境についても書きたかったのですが長くなってしまったので今回はここまで><

コメント

タイトルとURLをコピーしました