コロナ陽性体験談

日記
スポンサーリンク

世界でコロナウィルスが発生するようになって3年目、青森の片田舎で仕事でも私生活でもマスク着用、消毒、不要な外出を避けてきましたが先月ついに感染してしまいました。

感染経路

ゴールデンウィークが終わった頃、我が子が通う保育園から園児の陽性者が出たと連絡が来ました。

以前から保護者の陽性者はちょくちょく出ていたのですが、園児はその時が初で、しかもうちの子と同じ組の子でした。

保育園からは一週間その組はお休みする事と、保健所からの連絡を待つようにと指示があり、家族全員で自宅待機となりました。

保健所からの連絡

次の日に保健所から連絡がありました。

家族全員の症状の確認、子供のPRC検査の案内でした。

その時点でうちの子は39度の熱を発症していました。その二日後のPCR検査では陽性判定。

その後、私と妻も発熱し保健所の方からの定期連絡時に症状を説明し、「みなし陽性」となりました。

一週間くらいを目途に食料などを配達させますと言われ、夫婦仲良く布団の中で苦しみました。(子供は初日だけ発熱で苦しそうでしたが二日目からは熱が下がりピンピンしていました)

コロナ症状はどんな感じ?

風邪やインフルエンザとほぼ同じ、それよりも症状が少し重いという感じでした。

ちなみにワクチンは打っていません。妻が昔から薬に弱い人で、注射をされて意識不明(しかも心肺停止状態)を経験していて、「私は同じような経験をもうしたくないからワクチンを打たない」と言っていて、妻が打たないなら自分も打たないと決めていました。

ワクチンの内容も色々調べましたが、重症化を抑える効果があるとの事だったので、相当悩みましたが打たないという選択を選びました。

そんなわけでワクチンなしで初日は40度、二日目と三日目39度で数日は布団から出られない生活を経験しました。

発熱以外に頭痛、のどの痛み、咳、鼻水と、風邪の時と類似した症状を一通り味わいました。

高齢者の方が危険だという話に納得できるほどのつらさでした。

一週間後

保健所からの定期連絡が来ました。熱も下がり、症状も落ち着いたことを伝えると自宅待機はしなくても良いと伝えられました。

ですが体が重い、咳、タンが出る症状は残っていましたし、ウィルス性の風邪みたく菌が体内に残っているような感覚がありました。

保健所の方にはその話を伝えたところ、咳などはしばらく続く人がいますが、感染期間は過ぎているので自宅待機は解除で大丈夫ですよと言われました。

実際に症状は徐々に緩和していき、一か月程度で全快しました。咳も出ませんし体の重さも無くなりました。

最後に

初めてコロナ陽性となって思ったのは、どれだけ気を付けてもなるときはなるでした。

職場に我が子を連れて行けるわけではないので保育園に預けるしかありません。保育園でもマスクや消毒は徹底していますが陽性者が出てしまえば感染してしまいます。

そしてワクチンはどうしても打てない理由がない限り打ったほうが良いと思いました。コロナで死んだら家族が悲しむと思いました。

あとは思ってたより身近な人はすでにコロナ陽性経験済みでした。

私が今遊んでいるゲームのコミュニティでコロナ陽性になったと話をしたら、沢山の経験談やアドバイスを頂きました。

私は一か月で全快しましたが、体調が改善せず半年くらい苦しんだ方もいました。

どうしても体調が優れない方はコロナ専門の医師がオンライン診察なども行っているそうです。

コロナウィルスが発生して3年が経過しました。治療薬はまだありません。

上手に付き合いながら生きていくしかないのかなと思うようになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました